発毛と健康は表裏一体

発毛とは健康と向き合う問題であり、単に「毛を伸ばす」という発想にこだわっていては根本的な解決は難しいでしょう。

人は歳を重ねるにつれて自分自身の様々な変化に直面していくもので、薄毛という問題はその筆頭でしょう。時間の流れや環境の変化は衣・食・住どれをとっても私たちの生活に影響をもたらしますが、そうした変化は同時に私たち自身の身体まで変えてしまう可能性を孕んでいます。

大学生になって上京した学生を例にとれば、彼は今までの実家暮らしから都会という何もかも新しい環境で生活することとなり、様々なストレスを味わうことでしょう。このストレスもやはり発毛に関わる原因のひとつです。逆もまた然りで、生活様式が変わる発端の中には私たちの身体の変化があるでしょうし、それは言い換えれば健康問題です。

日々鏡の前に立って自身と向き合っていると何かしらの変化に気づく機会は多々あるでしょう。中でも発毛の衰弱というのは男性にも女性にも大きなショックを与えるもので、歳月を経るうちに向き合わざるを得ない問題の筆頭となるでしょう。しかしそれをポジティブに捉えるとすれば、今までの、そしてこれからの生活を改めるためのきっかけでもあります。

こうした自身の変化をきっかけにサプリメントを服用するなど、どこか今までと違う生活を迎えることになるでしょう。結局、発毛が衰弱する原因には遺伝以外にも健康に根差しているものが多々あり、具体的には血液循環の不良や皮脂の過剰な分泌であり、さらに掘り下げれば偏食や不規則な生活ということです。

生活のバランスを整えること自体が、発毛の助けとなります。発毛の衰弱を抑える生活の調整について、次項でさらに触れていきます。